お知らせ NEWS

お知らせ一覧

2023.01.17

当科の谷野功典先生、佐藤佑樹先生が共著になっている、
「Diagnostic significance of secondary bacteremia in patients with COVID-19」が
Journal of Infection and Chemotherapyにacceptされました。

おめでとうございます。

2023.01.17

当科の東川先生が気管支鏡専門医試験に合格されました。

おめでとうございます。

2022.12.15

2023年(令和5年)4月より、当科に新たな医局員を迎えることとなりました。
山下 莉奈 先生です。
一緒に診療できる日を心待ちにしております。よろしくお願い致します。

2022.12.15

柴田先生、谷野先生、二階堂先生、峯村先生、佐藤佑樹先生の共著論文が BMC Infectious Diseasesにacceptされました
「Characteristics of hospitalized patients with COVID-19 during the first to
fifth waves of infection: a report from the Japan COVID-19 Task Force.」
です。おめでとうございます。

2022.11.17

2022年11月17日から20日までAPSRが開催されます。

当科の、

二階堂雄文先生が「Synthesized HMGB1 peptide attenuates Poly(I:C)-induced lung inflammation in mice」を発表します。

佐藤佑樹先生が「Peripheral blood monocyte count as a prognostic biomarker in idiopathic interstitial pneumonia other than idiopathic pulmonary fibrosis」を発表します。

東川隆一先生が「Clinical Significance of Sleep Apnea Syndrome in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis」を発表します。

河俣貴也先生が「Importance of clinical history of antigen exposure and anti-Trichosporon asahii antibody evaluation for diagnosis of summer-type hypersensitivity 」を発表します。

渡邉菜摘先生が「Efficacy of Low Dose Nintedanib in Idiopathic Pulmonary Fibrosis, a retrospective single institute analysis」を発表します。

 

2022.11.18

佐藤佑樹先生と河俣貴也先生がAPSRのassembly education awardを受賞しました。
佐藤先生の「Peripheral blood monocyte count as a prognostic biomarker in idiopathic interstitial pneumonia other than idiopathic pulmonary fibrosis」、

河俣先生の「Importance of clinical history of antigen exposure and anti-Trichosporon asahii antibody evaluation for diagnosis of summer-type hypersensitivity pneumonitis in patients with chronic interstitial lung diseases」です。おめでとうございます。

2022.11.15

鈴木先生の論文がClinical and Experimental Medicineにacceptされました。

「Real-world clinical outcomes of treatment with molnupiravir for patients with mild-to-moderate coronavirus disease 2019 during the Omicron variant pandemic」です。

おめでとうございます。

2022.11.12

11月12日㈯ 東北びまん性肺疾患研究会を福島市で開催しました。
当科の佐藤佑樹先生が「膠原病を合併した自己免疫性肺胞蛋白症の一剖検例」を発表します。

2022.11.02

谷野功典先生の共著論文が PEDIATRICS INTERNATIONAL にacceptされました
”Insufficient Syndecan-4 is associated with CLD Development in Preterm
Infants.” です。おめでとうございます。

2022.10.09

第71回日本アレルギー学会学術大会で
鈴木康仁先生 が「気管支喘息、ACO、COPDにおける血清YKL-40濃度と呼吸機能経過との関連についての検討」を、

力丸真美先生が「喘息管理における呼気温度の有用性の検討」を発表されました。

ページトップへ戻る