お知らせ NEWS

お知らせ一覧

2023.10.23

二階堂雄文先生のchapter論文” Role of Extracellular Matrix in the Pathogenesis of Bacterial Pneumonia”が”Advances in Biology. Volume 3″ に掲載されました.おめでとうございます.

2023.10.19

第72回日本アレルギー学会学術大会において当科医局員が発表を行います(10月20日~10月22日)。

鈴木康仁 先生 「好酸球性肺炎における血清・BALF中のガレクチン10濃度と臨床所見との検討」(ミニシンポジウム)

力丸真美 先生 「咳モニター(LCM)による客観的咳嗽頻度に基づいた咳VASの最小重要差(MID)の検討」(ポスター)

鈴木康仁 先生 「ACOへの応用が期待されるバイオマーカー」(シンポジウム)

2023.10.06

第43回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会において医局員が発表を行いました。
二階堂雄文先生 「不均等換気に一致した陰影分布を示したHot tub lungの一例」
佐藤佑樹先生 「クライオバイオプシーが有用であった線維性過敏性肺炎の1例」
渡邉菜摘先生 「低用量ステロイドで肺病変が 改善した肺サルコイドーシスの一例」
針金莉奈先生 「クライオバイオプシー直後の胸部CT画像で嚢胞の出現を確認できた過敏性肺炎の1例」
お疲れ様でした。

2023.10.01

10月1日より、会津医療センターに力丸真美先生と針金莉奈先生が出向されました。また、鈴木康仁先生と渡邉菜摘先生が会津医療センターから戻られました。

2023.10.01

2024年(令和6年)4月より

熊中貴弘 先生、田中竜太郎 先生
のお二人が呼吸器内科学講座への入局を表明してくれました

一緒に頑張っていきましょう!

呼吸器内科に少しでも興味のある研修医の先生方や学生の方々は、お気軽に当科までご連絡ください。 

2023.09.13

ERS International Congress 2023 (9月9日~9月13日)において医局員が発表を行いました。
鈴木康仁先生 ”Serum YKL-40 as a biomarker for predicting loss of lung function and neutrophilic airway inflammation in asthma, COPD and asthma-COPD overlap” (Oral presentation)
力丸真美先生 ”Clinical usefulness of exhaled breath temperature in asthma management”  (Poster session)
お疲れ様でした。

 

2023.09.12

柴田陽光教授と谷野功典先生、佐藤佑樹先生が共著になっている論文がpublishされました。

” A second update on mapping the human genetic architecture of COVID-19”がNatureにacceptされました。おめでとうございます。

2023.09.02

第117回日本呼吸器学会東北地方会で風間先生が発表を行いました。

「胸水貯留を契機に診断された MALT リンパ腫の一例」です。

第230回日本内科学会東北地方会で齋藤先生が発表を行いました。

「メトトレキサート投与中に気管腫瘍を認めた関節リウマチの1例」です。

お二人共に上手なプレゼンでした。お疲れ様でした。

2023.08.22

谷野先生の共著になっている論文がScientific Reportsにacceptされました。

Cohort study to evaluate prognostic factors in idiopathic pulmonary
fibrosis patients introduced to oxygen therapy」です。おめでとうございます。

2023.08.02

峯村先生の共著論文がThoracic Cancerにpublishされました。

「Using the neutrophil-to-lymphocyte ratio to predict the outcome of individuals with nonsquamous non-small cell lung cancer receiving pembrolizumab plus platinum and pemetrexed」です。おめでとうございます。

ページトップへ戻る